高血圧、脂質異常、糖尿病の生活習慣病の方や、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の方は、パーソナルプログラムがオススメです。高性能体組成計で体脂肪率や部位別筋肉量などを測定し、現状を詳しくチェック! そしてどのようにして目標達成するか、あなたに合ったプログラムをご提案させていただきます。漠然と運動するのではなく、目標を数値で、「見える化」することで、達成への闘志が湧いてきます。

 

健康寿命を延ばすためにはロコモティブシンドローム(運動器症候群)と認知症を避けることが重要。ロコモが女性に多いのは、骨の健康に欠かせない女性ホルモンが閉経後減少し、骨粗しょう症の危険が高まることと、足の筋力も女性の方が弱いことが背景にあります。  運動を習慣にすることで、骨を丈夫に、筋力アップできるとともに、脳の認知機能を高めます。ヨガやハワイアンフラなど、緩やかな運動は、海馬で新しくできる神経の数を増やし、空間記憶能力を向上させる効果があることが確認されました。またエアロビクスやダンスなど運動と音楽を組み合わせることで、運動だけに比べ、より大きな効果を得られることも解っています。

腰痛がなくても40歳以上は60%、60歳以上は90%の人に骨の変形が見られます。医者から骨の変形があると言われ、過剰に意識し、腰痛への恐怖や不安から腰をかばい、カラダを動かさないでいることが、かえって痛みを悪化させていると、最近の研究で解かっています。理学療法士の正しい評価とリスク管理によって、無用な恐怖や不安を減らし、痛みを恐れずカラダを動かすことで、慢性化している背面腰痛の改善が期待できます。

 



2人3脚でチャレンジ!

「パーソナルプログラム」

なりたい自分をめざして!

スタッフといっしょに目標をめざすプログラムです。

運動といっしょに食事や生活スタイル指導も含まれます。

私たちも日々最新情報を取り入れ

効果的なシステムを開発しています。